iPadmini買取業界NO1

待望のiPad mini発売が発表されました

iPad miniの発売が発表されました。
これまでのiPadが9.7インチだったのに対して、iPad miniは7.9インチと小さくなっています。
でも、写真で見る限りはディスプレイはそれほど小さくなった感じがなく、この辺りのデザインはさすがアップルという印象を受けました。
小型化したことで重量も軽くなり、300g程度の重さです。
iPad miniの前に発売された「新しいiPad」と比べるとなんと350gも軽くなっているそうです。
これだけ小型化、軽量化されたので、本来のモバイル端末としての使い勝手が大幅によくなったと思います。

 

そもそも私は最初にiPadが発売されたときから、もう一回り小さくて軽い商品が欲しいと思っていました。
男性でもiPadを持ち歩いたりiPadで本を読んだりするには重たすぎると感じたからです。
従来のサイズのiPadを買うなら、ネットブックの方が使いやすいのではないかとも思っていました。
実際に、日本ではiPadを買っても自宅のリビングなどで使うのが一般的で、持ち歩いている人はあまりいなかったようです。
やはり重さと大きさがネックになっていたからだと思います。

 

だから、iPad miniが発売されるというニュースは本当に嬉しいです。
これは絶対に買いだと思っています。
海外では分かりませんが、少なくとも日本では爆発的に売れるのではないかと個人的に予想しています。

 

ただ、ディスプレイはRetinaディスプレイを採用しておらず、解析度が低めだということなので、その点が気になるといえば気になります。
おそらく少し待てばRetinaディスプレイを搭載したiPad miniが発売されるだろうと思うので、最初からRetinaを搭載しないのはアップルの販売戦略なのだろうと想像できます。
もちろん、Androidタブレットとの比較では、今回のiPad miniでも十分きれいなディスプレイと言えるレベルらしいので、実際に自分で見て確認をしてみようと思っています。

 

ちなみに、気になる値段ですが、16GBのWi-Fiバージョンで28800円だそうです。
安くはないけれど買えないほど高くもないという絶妙の価格設定だと思います。
引き続きiPad miniの情報をいろいろと検討しますが、おそらく買うことになると思います。